音楽は無形の財産

街で使われている音楽の使用料

著作権法とはどんな法律でしょうか。

著作権とは著作者の財産であり使用権です。
作った音楽を好きに利用できます。
当たり前なのですが、誰の許可も要らないと言うことですね。
CDだと分かりやすいのですが、曲そのものが売り物なのです。

著作権の対象になるものは、美術、音楽、文芸、学術で、代表的な著作物は、絵画、彫刻、建築、楽曲、詩、小説、戯曲、エッセイ、研究書です。
技術の発展によりあたらしく写真、映画、テレビゲームなど、著作権の保護の対象になっています。

著作権により、著作者の創作業務を維持出来ること、収入を安定させることが出来ます。
また、他人による著作者の財産を盗み取る行為を防げます。
ビジネスとして成立させる法律ですね。

著作権が生じないものとしては、創作性のない表現と情報やアイディア、ノウハウです。
例えば、旧雑誌を雑誌の誌面だけ変えて、内容が一緒の新雑誌の場合です。
新雑誌の創作性がありません、旧雑誌と似通っているからです。

権利行使。
著作者は、他人に対し、その著作物の利用を許諾することができます。
許諾を受けた人は、許諾条件の範囲内で利用できます。
ただし、著作者の承諾なしに、著作物の利用権利を譲渡することはできません。
基本的には、許可された人のみに利用権利があります。

音楽などの形のない創作物は、とくに曖昧になりがちなので、著作者と創作物を守るためにも、しっかりとした決まりが必要です。
そのために著作権法があるのです。

著作権とは?

街のBGMは使用料があります。 店での雰囲気作りにBGMは欠かせません。 どのようにしてお金が流れているのか、誰が料金を取っているのか、なかなか知る機会がありませんね。 知らなかったでは済まない世の中、知って損はありません。 知識を持って音楽を利用しましょう。

インターネットの普及による著作権問題

技術の進歩や利便性により、インターネットの利用者数が急激に増加しました。 大変便利なのですが、便利な物の裏には必ず落とし穴があります。 インターネット機能は、携帯電話にも搭載されており、インターネットを利用するハードルが下がった為でもあります。

この機会に知っておこう、著作権とBGMの歴史

私たち現代人は、生まれた頃には既に音楽が身近にある状態でした。 当たり前のように音楽は流れていますよね。 音楽を身近に届けるためには、著作権法が不可欠になります。 しかしBGMの歴史は著作権法よりとても長いのです。 なぜBGMが生まれ、著作権法が作られたのでしょうか。